毎日の中華料理レシピ

中国人が日常に食べている中華料理を紹介するブログです。たまには他のこともつぶやきます^^

Shunのチーズケーキ&ホルモンの酢漬け

ププはチーズケーキを買ってくれました。

中野にあるShunというチーズケーキの専門店で買いました。

専門店といっても、実はすごく小さくて、おじさん2人でやっているショウケースのみの店です。

他のケーキ屋さんのように繁華なところにあるってわけではなく、小さい路地に入ってから、更に15分程歩かないと辿りつかないところにあります。

2人のおじさんも性格が真逆で面白いです。一人はいつもニコニコで、もう一人はいつも機嫌が悪そうです。

ただ、ケーキは絶品!!!!!

f:id:Rakurakulele:20131129213602j:plain

一見普通に見えるチーズケーキですが、酸味と甘みの程よさ及びチーズの濃厚感で、すごくリッチに感じられるチーズケーキです。

f:id:Rakurakulele:20131129213923j:plain

ネットで調べてみたら、店の紹介が出てきましたので、興味のある方はご覧になってくださいね!

http://www.savarins.jp/shop_detail/shop_id/31

 

なぜ私たちは、こういった知る人は知るような店が知っているのか? と言いますと、ププは中野で住んでいたからです。

 

ププの学生時代は非常に貧乏でした。中野駅から徒歩15分のところで4.5畳の部屋を借りました。4.5畳のスペースの中には、キッチンとトイレとシャワー室も付いているのは驚き!!!そのため、部屋のスペースは恐らく2.5畳しかなかったです。寝る時は電動ベッドを天井から降ろして寝る。家で大の字すらできなかったです。

もちろん、家賃はダントツ安かったですね。月間3.2万でした。

 

初めてププの家に行った時びっくりでした。

正真正銘のボンビボイやん~~~

 

ただ、その後は、その小さい部屋でププとたくさんのいい思い出を作りました。

Shunのチーズケーキもその内の一つでした。

狭い空間で一緒に美味しいケーキを食べたのも楽しかったし、買いに行く前に、どちらのおじさんと会えるのかをあてるのも一つの楽しみでした^^

中野から離れて3年を経ちましたが、おじさん二人まだ元気で店を続いて本当によかったです。

ちなみに、今日ププが会ったのは、機嫌の悪そうなおじさんでした。。。

 

では、ププの料理を一品ご紹介します。

ホルモンの酢漬けです。

f:id:Rakurakulele:20131129194441j:plain

材料:

豚の肺(中野の商店会で49円/100gで売っています。)

コブクロ、ネギ、生姜、大蒜

調味料:

ポン酢、七味

作り方:

①豚の肺とコブクロを食べやすい大きさに切って、水で白っぽくなるまでゆでる。

②ネギを細かく切り、生姜、大蒜をみじん切する。

③②を①の上にまぶして、ポン酢と七味をかけて完成!

 

非常に簡単な料理でした。

ププ太郎とピピ子は、どちらもお酒に得意ではないが、この料理は恐らくお酒と合うだろうと勝手に思っています^^!

今日、ププは中野から豚のタンも買ってきてくれましたので、明日に調理したいと思います。

ではでは。。。。。。